ナイトブラで離れ胸と垂れ乳対策をして理想のバストになっちゃおう♡

この記事は7分で読めます

女性の皆様

  • 『バストが離れてきた・・・』
  • 『バストが垂れてきた・・・』

そんな悩みをお持ちではないでしょうか。

 

バストは日々の習慣で少しずつ形が変化していくいわば生物とも言えます。

「気づいたときには・・・」なんてことも考えられますので、しっかり対策をする必要があります。

 

理想のバストに近づくために最近注目されているのがナイトブラです。日中はブラでしっかりバストが守られているものの夜はノーブラという人は女性の50%近くもいるという統計もあります。

 

仮に8時間睡眠をとっているとすると1日の3分の1はバストが無防備な状態にさらされていることになりますので、ナイトブラをしているかしていないかで差がつくのはもはや目に見えていますね。

 

今回はナイトブラで離れ胸と垂れ乳対策をして理想のバストになるといったテーマで情報をお届けしますので、理想のバストに近づきたい方は是非参考にしてみて下さい。

 

理想のバストを計算してみよう!

ナイトブラで離れ胸と垂れ乳対策をして理想のバストになっちゃおう♡

バストには黄金比があるのはご存知でしょうか?

 

離れ乳は左右の胸が離れて外側を向いてしまう状態ですが、理想的なバストは鎖骨の中心と左右のバストトップを結んだ線が正三角形になることです。

 

しかしながらバストが離れてしまったり、垂れてしまうと三角形が横長になったり縦長になったりしてしまいます。

 

そして三角形の理想の大きさ

  • 身長(cm)×0.53

とされています。

 

理想のバストから遠ざかる4つの原因

バストは日々の生活習慣などで理想から遠ざかっていくことがわかっています。

生まれつき離れ乳の方もいるのですが、多くは後天的です。原因をまずは知り理想のバストになれるように対策をしていきましょう。

 

年をとったことによるもの

ワコールの研究では年をとるにつれてバストがたどる3つのステップがあることがわかっています。

 

  1. デコルテが削げる
  2. 下垂する
  3. 外側に流れる

 

早い人は20代から始まると言われているバストのエイジンングの3ステップですが、ワコールの調査、研究ではエイジングのステップが戻った人はいないと言われていますので、しっかりと毎日のケアを大切にしましょう。

 

それ以外にも食生活、睡眠、運動など日々の習慣を規則正しく行うことでホルモンバランスを崩さないように気をつける必要があります。

 

大胸筋や小胸筋の衰え

ナイトブラで離れ胸と垂れ乳対策をして理想のバストになっちゃおう♡

バスト全体を支える筋肉である大胸筋。そしてバストを釣り上げ、中央に寄せてくれる小胸筋。

この二つの筋肉によってバストを支えられています。なので、この二つが衰えていくことになると年齢に関係なくバストが垂れたり離れたりする可能性があります。

 

衰えの原因としては猫背の姿勢、長時間のデスクワークといったことが原因となりますので、まずは基本的な姿勢をしっかり整えることを意識しましょう。

 

当サイトでは大胸筋や小胸筋の鍛え方、マッサージ方法などについても触れているので参考にしてみて下さい

>> 胸が垂れないようにするにはブラ選びとエクササイズが重要!

 

クーパー靭帯が伸びてしまった

バストを支えている組織として重要な役割を果たしているのがクーパー靭帯です。

クーパー靭帯はコラーゲン繊維の束であり、負荷がかかると伸びてしまいます。そのため、避けるべきものとしてはバストを強くマッサージしてしまうことやバストを揺らすような激しい運動などがあげられます。

 

クーパー靭帯の特徴としては一度伸びてしまったら二度と戻らないとされているので、伸びてしまうことでバストは支えを失って下に垂れたり、離れたりする原因となります。

クーパー靭帯を守るためにも運動する時はバストが動かないようにスポーツブラをつけるなどしましょう。

 

ホルモンバランスの崩れ

続いてホルモンバランスの乱れです。

バストの一部の乳腺を発達させ、丸くて女性らしい胸を作るうえで重要なハリを保ってくれるのがこの女性ホルモンです。

ホルモンバランスが乱れた生活習慣や加齢により崩れてしまうことによって、ハリのないしぼんだ垂れ乳の原因になります。

 

ですので、ホルモンバランスを乱さないことが重要なのです。

 

ナイトブラをつけていない

一番最初にもお伝えしましたが、1日のうち3分の1前後人は寝ているものです。

そのためサポートがない状態で寝ていると例えば仰向けだとバストがお腹方向や脇下など流れていってしまうなどバストに悪影響があります。これはバストがサイズダウンすることにも繋がりかねません。

 

また寝相が悪く寝返りが多いという方は要注意!寝返りでバストが動き負担がかかりクーパー靭帯に負荷がかかってしまいます。

なので、バストに負担をかけないためや流れてしまう脂肪をしっかりキープしておく上で重要なのがナイトブラです。

離れ乳、垂れ乳を防ぐためにはナイトブラを着用しましょう。

 

離れ乳や垂れ乳の対策方法は?

それでは、離れ乳や垂れ乳を防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?

実は垂れ乳や離れ乳は普段の行動によって防止することができます。

 

それでは、具体的に離れ乳や垂れ乳の対策方法をチェックしていきましょう。

 

 

正しい下着をつける

まずは間違ったサイズの下着を身に着けることを辞めることがバストアップへの第一歩です。

胸を守ってくれるブラが疎かならば、他のケアの苦労も水の泡になってしまいます。

 

ですので、まずは自分の胸のサイズをしっかりと測りなおして、本当に合ったサイズと形のブラを見ておくことが大切なのです。

 

ノーブラだと、当然、寝ている間に負荷が胸にかかってしまいます。

さらに、ブラトップなどのカップ付きキャミソールはとても楽で過ごしやすいものの、胸の重みをしっかりと支えられないので、結果的に、バストが垂れてしまう原因になります。

 

ですので、まずは、自分にあったブラを選択するようにしてください。

 

 

スキンケア

ナイトブラで離れ胸と垂れ乳対策をして理想のバストになっちゃおう♡

続いてスキンケアです。

スキンケアといえば、お顔だけのイメージもありますが、胸のスキンケアも大切です。

 

どうしても体の水分量が不足してしまうと、胸もしわやたるみが起きてしまうことになります。

いくら筋トレをしていたとしても、肌に十分な水分がなければ、若々しくは見えなくなります。

 

顔と同じでいいので、スキンケアをバストにも施すようにしてください。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージも重要です。

 

えって疑問に思われるかもしれませんが、皮膚というのは身体全体1枚で繋がっています。

なので、そのてっぺんの頭皮マッサージをして、ケアすることによって身体全体のハリが出てきます。

 

頭皮は身体のどんな部位よりも高い場所ですが、この一番上の頭皮にしわやたるみがあると、それより下の部分が連鎖的にたるんでしまう傾向があります。

 

ですので、頭皮をケアすることも垂れ乳の予防に繋がるのです。

 

 

大胸筋を鍛える

続いて大胸筋を鍛えるという方法です。大胸筋を鍛えるということは、垂れ乳の予防に効果的なのです。

大胸筋を鍛えることで、バストの土台の部分が形成されます。

 

具体的に大胸筋を鍛える方法を2つご紹介します。

 

合掌のポーズ

合掌のポーズは、胸を支える土台の大胸筋を鍛えることができます。

 

背筋を伸ばして肘をはって、胸の前で合掌の形で両手の平を合わせます。そこから、ゆっくりと息を吐きつつ、左右に力を入れて10秒ほどその状態にします。そして、息を吸いつつ、力を緩めていきます。

 

このサイクルを2~3回行います。

 

肩甲骨の運動

大胸筋とその周りの筋肉、さらに、肩こりや猫背の改善にも効果的な方法です。

 

両手の先を肩につけて、背中を意識しながら肩をゆっくり10回程回して、反対回しも行います。

肘をよせた状態にして、1セット同じように行ってください。

 

姿勢を良くする

続いて姿勢をよくすることです。

姿勢が悪いと血行も悪くなってしまいますし、そうなると胸に必要な栄養分が届かなくなります。

 

離れ乳になる原因の一つになってしまいますので、普段から猫背になっていないかどうかを考えることが大切です。

座っているときに背中にクッションを挟むことも効果的と言われていますので、小さなことを行っていくようにしましょう。

 

身体を冷やすものはとらない

身体を冷やしてしまうと血行が悪くなりますので、栄養を送りづらくなります。

また、身体が冷えると、ホルモンの分泌にも悪影響を与えてしまいますので、女性ホルモンの分泌がバストアップに欠かせないことを考えると、冷えはよくないということになります。

 

ですので、クーラーのついた部屋に長居しない。また冷たい飲み物を避けるなどということが大切です。

 

なお、砂糖がたっぷり入ったお菓子や飲み物にも、身体を冷やしてしまう効果があります。

糖質を多く摂取すると、身体の中のたんぱく質を変異させて、硬くもろくする糖化現象を引き起こしてしまいます。

 

おっぱいを吊り下げている靭帯や皮膚もたんぱく質から出来ているのですが、出来るだけ甘いものの摂取は控えることが大切です。

 

もしも食べるならフルーツの方が血糖値の上げ幅が砂糖と比較すると緩やかですので、フルーツをおすすめします。ただし、摂りすぎは冷えに繋がるので、注意してくださいね。

 

 

バストアップに効果的な食べ物をとる

次にバストアップに効果的な食べ物をとるというもの。バストが成長するのに必要な栄養をとらないとバストは大きくなりません。

ですので、バストアップに効果的な食べ物を摂取しましょう。摂取したい食べ物には以下のようなものがあります。

  • ボロン
  • イソフラボン
  • 動物性たんぱく質

 

ボロンというのはミネラルの一種。キャベツに多く含まれていますので、出来れば毎日摂取したいもの。ただし、熱を加えると、ボロンが壊れてしまいますので、生で食べることをおすすめします。

 

続いてイソフラボンは大豆製品に多く含まれていますが、バストアップに効果的です。みそや豆腐、しょうゆ、納豆などの大豆食品を積極的に摂取することをおすすめしますよ。

 

早寝早起きする

ナイトブラで離れ胸と垂れ乳対策をして理想のバストになっちゃおう♡

続いては早寝早起きをすること。

睡眠時間を摂取することで、女性ホルモンが活発に分泌されるようになります。

 

特に、夜の22時から朝の2時の時間帯はホルモンの分泌量が多くなる時間帯。

この時間帯に睡眠をとることが重要なのです。

 

しかし、現実には、LINEやツイッター、ネットサーフィングをして時間を過ごしがちですよね。

もしもバストアップしたいのであれば、早寝早起きに生活習慣を転換することをおすすめします。

 

睡眠中はナイトブラを着用する

夜に寝るときにブラをつけていなければ、脂肪が次々に流れていくことになり、離れ乳の原因となってしまいます。

この問題を解決したいなら、ナイトブラを着用することをおすすめします。

 

少しでも早くブラから解放されたいという方もいると思いますが、ナイトブラの中には、締め付けや圧迫が少ないものもあり、つけやすいようなものもあります。

 

そのようなナイトブラを選んで寝ているときの脂肪もしっかりと維持することが大切です。

 

 

ナイトブラは手軽に始められる

ナイトブラ 離れ胸 垂れ乳対策 理想のバスト

理想のバストから離れてしまう原因を4つお伝えしましたが、この中で一番手軽に始められるのがナイトブラです。

「規則正しい生活を習慣化したり、運動をしたりというのはなかなか続かない・・・」といった声も多く聞きますが、ナイトブラなら夜寝る前につけるだけなので続けやすいですよね。

 

それ以外にもコスト面でもエステに通ったりジムに通ったりするのに比べれば期間限定ではありますが、セールの時などを狙えば、3000円前後で手に入るものがほとんどです。

毎月数万円かかったりすることもありませんので、口コミを見ると「他のバストアップ方法に比べてお手頃!」といった声が多いのも特徴ですね。

 

当サイトの人気ナイトブラは「アイリーバストアップリフター」です。

数多くの人がバストアップに成功しており、今なら期間限定の2980円で購入することができるので、とてもお得ですよ!

 

btn_00122

 

こんな記事もよく読まれています。

本サイトを読みいただきありがとうございます。

以下のような記事もよく読まれていますので、この機会にチェックしてみてくださいね。

 

サイト運営者からのお願い

口コミや感想等は個人の使用感であり、記事の内容は効果・効能または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合、医師や薬剤師等しかるべき資格を有する専門家に相談してご自身の責任の上で行ってください。

 

おすすめのバストアップアイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ナイトブラ・グロウナイトパフの効果や口コミがすごいと話題に!
  2. ナイトブラ口コミ
  3. ナイトブラ しまむら 口コミ 効果
  4. ヴィーナスタイル 効果 効かない!? 口コミ
  5. レスタリアージュボリュームアップブラ 効果 口コミ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。