胸が垂れないようにするにはブラとエクササイズ選びが重要!

この記事は6分で読めます

胸が大きい方やバストアップした方の悩みとして多いのが、出産後や加齢によって胸が垂れてしまうことだと思います。

今胸が小さい方でもバストアップしたら、胸が垂れないようにするためにしないといけません。

そこで今回は、胸が垂れないようにするための方法や考え方についてお伝えしていきます。

 

バストが状態が最も良い時期は20代の後半

胸が垂れないようにするにはブラとエクササイズ選びが重要!

年とともに人間の体は衰えていくものですが、バストは20代後半が最盛期と言われています。

それ以降は、バストが垂れ始めると言われており、30代中ばから全体が垂れ始めます。

 

  • バストの張りがなくなってきた
  • バストが垂れてきた

 

このような悩みは年を重ねると女性なら誰しもが経験することです。

大切なのは原因を知ることと正しい対処方法、改善方法を知ることにあります。

それでは細かく見ていきましょう。

 

バストが垂れる原因とは?


バストが垂れる原因となるのは乳房自体の衰えが原因です。

年齢が上がるほどホルモンバランスは若いころに比べ変化があり、乳腺は縮み、脂肪が増えていきます。

胸が若いころに比べ柔らかくなったと言われるのはこのためです。

 

バストの形が変わる原因は乳腺だけでなくいくつかありますが、胸を支えるクーパー靭帯が伸びてしまうことが大きな原因です。

 

クーパー靭帯とは?

胸が垂れないようにするにはブラとエクササイズ選びが重要!

 

クーパー靭帯についてお伝えする前にバストを構成する組織の説明をすると、バストは

 

  • 脂肪
  • 乳腺
  • クーパー靭帯

 

主にこの3つで構成されています。

 

割合は乳腺が1割、脂肪が9割となっていて、実際にはほとんどがこの2つで構成されています。

クーパー靭帯は乳腺とバストの表面をつないでおり、バストを支える役割があります。

コラーゲンの繊維束であるクーパー靭帯の支えによってバストはハリを保つことができているのです。

 

そのため、クーパー靭帯のハリを保つことがバストの垂れを防ぐ上で重要です。

また、クーパー靭帯は復活することはないと言われていますので十分なケアが大切です。

 

クーパー靭帯を伸ばさないようにするためには?

クーパー靭帯が伸びてします行為の1つが猫背の姿勢です。

猫背の姿勢はバストを支えている筋肉である大胸筋が縮んだ状態になってしまい、その結果筋力が弱まります。

それ以外にも肩こりの原因になり、血行が悪くなるので老廃物がリンパに溜まってしまったりと悪影響がでます。

 

それ以外にも自分のカップに合っていないブラを着けることも避けた方が良いです。

しっかりとブラでバストを支えていないとバストの重さでクーパー靭帯が伸びてしまいます。

年齢とともに筋力は弱まるっていくので、支えを失ったバストの垂れが加速する原因となるのです。

 

ノーブラと胸が垂れるのには関係はあるの?

胸が垂れないようにするにはブラとエクササイズ選びが重要!

マイナビウーマンのホンネ調査という企画では寝るときに

  • ブラを着ける=23.7%
  • ブラを着けない=76.3%

というアンケート結果が発表されています。

 

ブラジャーを寝るときにつけないというのはバストにとっては悪い影響が大きいのでNGです。

理由として、ノーブラで寝てしまうと胸の脂肪が脇や背中に流れてしまい、バストの形が崩れていくことの原因になるからです。

 

平均的な睡眠時間は6〜8時間と言われていますが、毎日積み重なっていくとどういった結果になるかは予想がつくと思います。

そのため、寝るときはブラを着けるようにしましょう。

ただ、ブラをつけて寝るのは苦しかったり、普段ブラをつけていない人にとってはなかなか違和感があって寝付けないといった人もいるかもしれません。

 

そういった方は寝るとき用のブラとしてナイトブラというものがあるので、試してみるといいと思います。

 

バストの垂れを防止するための方法は?

胸が垂れないようにするにはブラとエクササイズ選びが重要!

バストのハリを支えているのはクーパー靭帯でしたが、バスト自体を支えている大きなものは大胸筋です。

そのため、大胸筋を鍛えることでバストの垂れを防止することができます。

日常生活では使うことの少ない筋肉なので、意識的に鍛えていく必要があります。

 

大胸筋を効率的に鍛えるエクササイズ

エクササイズというとジムに行ったり、ちょっと面倒といったイメージを持つ方もいるかもしれません。

しかしながら、自宅でも簡単にできるものもありますので、簡単にできるものから紹介します。

 

チェストサンド

  1. 胸の前で両手を合わせる
  2. 胸に力を入れる
  3. 両手に力をいれ、合わせた手を腕とともに顔の前まで上げる
  4. 5秒その状態を保つ
  5. 顔前からおへそくらいまで徐々に下げていく
  6. 5秒その状態を保つ

 

3回から5回で1セット、3セットほど毎日行いましょう。

 

腕立て伏せ

胸が垂れないようにするにはブラとエクササイズ選びが重要!

大胸筋を効果的に鍛えることができるエクササイズの一つが腕立て伏せです。

いくつか種類があるので、簡単に紹介します。

 

通常の腕立て伏せ

地面に向けてうつ伏せになった状態から、全身の体重を両手と足のつま先で支え、両腕を伸ばす一般的な腕立て伏せです。

 

前後腕立て伏せ

通常の腕立て伏せの手の位置から手のひら1つ分前後にずらす腕立て伏せです。

通常より負荷がかかるので、効果的に大胸筋の上下を鍛えられます。

 

膝立て腕立て伏せ

両膝をついて行う腕立て伏せです。

通常より負荷が軽くなるので、あまり運動をしたことがない方でも始めやすいエクササイズです。

 

バストの垂を防止するナイトブラを活用するのもあり!

さて、ここまで大胸筋を鍛えるための方法をご紹介してきましたが、とはいっても筋トレは大変ですよね。

 

実はバストの垂れを防止するのであれば、はじめにお話ししたようにナイトブラもおすすめです。

そこで、私がおすすめしているナイトブラをご紹介します。

 

当サイト一押しのナイトブラは『プエラメイクリッチ』です。

プエラメイクリッチは、グラビアアイドルも利用しているナイトブラです。

 

プエラメイクリッチナイトブラの特徴は?

プエラメイクリッチナイトブラの特徴は以下の通りです。

特殊ネット構造で脂肪を寄せ集める

独自の特殊ネット構造が背中・脇・脂肪を徹底的に寄せ集めます。

寝ているときに、横流れしてしまうバストをサポートしてくれます。

 

しっかりとホールドしますが、ノンワイヤーで楽にフィットさせることが出来ますので、寝ているときに邪魔にはなりません。

脂肪を逃がさないための独自の縫製技術を使っているのです。

 

大き目のパッドで横流れを防ぐ!

睡眠しているときに、バストの脂肪は横に流れたり、潰されることもあります。

その結果、バストが大きくなる障害になってしまうことがあるのです。

 

大きめのパッドで下から横からバストラインを持ち上げるように整えてくれて、寝ているときにもしっかりとサポートしてくれますよ。

 

不要な脂肪をすべてバストに入れてくれる

背中のあらゆる場所からたまりがちな脂肪をバストの方向にギュギュっと押し出してくれます。

X字の肩紐でバストを固定して、絶対に脂肪を逃すことなく、バストアップに集中させてくれますよ。

 

よくバストアップをする際に、もったいない対象になるのが脇肉です。

そんな脇肉も逃すことなくバストに凝縮してくれるのです。

 

ネットの特殊縫製が脇腹や背中のリンパを刺激することによって、バストに栄養を流しやすくしてくれるのです。

 

 

プエラメイクリッチの口コミは?

30代女性
寄せてあげて運動が寝ている間に勝手に出来ているみたいです。もともと、小さいバストにコンプレックスをもっていたのですが、背中の脂肪や脇腹のお肉をぎゅっとバストに集めていることを実感できました!
20代女性
谷間が初めてできた時の感動はいまだに忘れられません。プエラメイクリッチナイトブラをつけて、バストの形が整ったように感じます!
20代女性
私の母親もバストが小さいのですが、このナイトブラを使用してみました!毎晩つけて寝ています。母は52歳なのですが、小さいながらに下がっていたバストが上向きになったと大喜びです!親子ともども、助けられました!
20代女性
豊胸手術が必要なのではないかと思っていたのですが、プエラメイクリッチナイトブラだけで、バストアップすることが出来たので、よかったです。
30代女性
幼児体型だったのですが、女性らしいふっくらとしたボディラインを手にすることが出来ました!バストをふっくら寄せ集めることが出来て、背中や脇はスッキリしました!着け心地もよくて寝ている間も特に気になりません。
40代女性
胸が小さいことがコンプレックスだったのですが、このプエラメイクリッチナイトブラを使うことで、自分自身に自信を持てるようになりました。なので、

 

このプエラメイクナイトブラなのですが、2個以上申し込むことによって、なんと今なら送料が無料になります!

一般的なナイトブラは1万円を超すようなものが多いのですが、このナイトブラはたったの3500円。

 

1ヶ月の間、1日100円コーヒーを我慢したら手に届くお手頃な価格になっていますよ!

もしもバストアップをしたいと強く願っている方でしたら、ぜひともこの機会に購入をしてみてくださいね。

 

btn_00122

 

まとめ

胸が垂れないようにするにはブラとエクササイズ選びが重要!

胸が垂れる原因と対策について今回はお伝えしました。ポイントは

  • クーパー靭帯を守るために習慣に気をつける
  • 胸を支える大胸筋を鍛える

 

この2つです。

年齢とともにバストが垂れるのは自然なことですが、女性としては少しても若く美しくいたいものですよね。

生活習慣に気をつけたり、ちょっとしたエクササイズで胸の垂れの加速を抑えることができるので是非試してみて下さいね。

 

こんな記事もよく読まれています。

本サイトを読みいただきありがとうございます。

以下のような記事もよく読まれていますので、この機会にチェックしてみてくださいね。

 

サイト運営者からのお願い

口コミや感想等は個人の使用感であり、記事の内容は効果・効能または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合、医師や薬剤師等しかるべき資格を有する専門家に相談してご自身の責任の上で行ってください。

 

 

おすすめのバストアップアイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 胸が小さい人の特徴 原因 ブラ 選び方
  2. レディエア 効果 口コミ 評判
  3. バストアップ方法 知恵袋口コミ
  4. 産後 胸小さい バストアップ方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。