西山茉希の産後バストアップ方法とバストケアの必要性を伝授!

この記事は6分で読めます

西山茉希の産後バストアップ方法とバストケアの必要性を伝授!

西山茉希さんは2016年の1月に第2子の妊娠を発表されましたね。1月時点では妊娠7ヶ月だそうです。

第1子は2013年10月に誕生しており、産後のバストアップが話題になりました。

今回はその方法や産後のバストケアについてなどをお伝えします。

 

西山茉希の産後のバストアップ方法は?

こちらが西山茉希さんの産後のバストです。大きいですね!!

西山茉希さんは推定Cカップとも言われているのですが、この画像をみる限りではE〜Fくらいはありそうです。

 

西山さん自身はバストについて

28年間“貧乳”と

呼ばれ生きてきた私は・・・

この見た目に改めて驚き

サイズは計ってないけど・・・

私の人生には無かった光景です。

西山家には期間限定すぎる。

女性らしいからだの人は、

当たり前でうらやましぃ。。。

とコメントされています。

 

そのバストアップ方法について調べたのですが、特に◯◯をしたといった情報はありませんでした。

そのため、ツイッターなどSNSの反応を調べてみました。

 

西山茉希の産後バストアップについての SNSでの反応は?

2015年のベストヒット歌謡祭の司会を務められたときの衣装について、様々な意見があり言葉だけではどうなっているのわかりません。

 

その写真をみてみると、衣装として盛るのが難しそうなので盛ってるということはなさそうです。

肝心のバストはとっても大きいという印象ではなかったですが、貧乳というわけでもなく、B〜Cくらいでしょうか。

 

お子さんがいると母乳で栄養を持っていかれるなどといった話もありますので、特にバストアップ後キープしているというわけではなさそうです。

実際に妊娠とバストの関係はどうなのでしょうか。

 

妊娠とバストの関係は?

西山茉希の産後バストアップ方法とバストケアの必要性を伝授!

妊娠すると妊娠中、産後、授乳中、そして授乳後とバストの形はどんどん変化していきます。

バストが一番大きくなる時期は妊娠中から産後にかけてです。

ほとんどの女性が人生で一番大きくなります。

大きくなるのは赤ちゃんに十分な栄養を送るために母乳が乳房に満タンに溜まっているからです。

 

バストのサイズは産後に戻っていきます。戻っていく時期は授乳が終わる頃であり、元のバストサイズに戻ります。

しかしながら、この過程でバストの形が変わり垂れてしまうといったこともあります

 

ちなみに、妊娠をして胸が大きくなった女性は、マイナビウーマンの情報によれば、全体の58%の女性において胸が大きくなったと答えています。(参考:https://woman.mynavi.jp/article/151022-264/

 

そのときの大きさに関しては、どれくらいカップが大きくなったか、調査した結果がこちらです。

 

  • 1位「2カップ」……48.0%
  • 2位「1カップ」……39.7%
  • 3位「3カップ」……9.6%
  • 4位「4カップ以上」……2.7%

 

48%の人が2カップ以上と答えています。

中には4カップほどアップしたという人もいます。

 

これってかなりの変化ですよね。

 

48パーセントもの人が2カップ以上と答えています。中には4カップ以上上がった方も! けっこうな大きさですよね。では次に、大きくなること以外に妊娠によって起こった胸の変化についても教えてもらいましょう。

 

バストを垂れさせないためには?

西山茉希の産後バストアップ方法とバストケアの必要性を伝授!

 

それでは、バストが垂れるのを防止するためにはどうしたらいいのかという話になりますよね。

そこで、妊娠後にバストが垂れるのを防止するうえで効果的な方法を紹介します。

 

胸の成長に合わせたブラのサイズ変更

まずは、先ほど紹介したように妊娠してから授乳期までの期間は、胸のサイズは大きく変化していくことになります。

具体的には、妊娠してから数ヶ月すると少しずつ乳腺が発達してサイズアップします。

出産するときには、先ほどデータでも示しましたように、2サイズ程アップするというのが一般的です。

 

その後、出産して赤ちゃんがおっぱいを飲むことによって、乳頭が刺激されることで、母乳が一気に生成されるようになります。これによって、2,3日ころには、胸が一番パンパンな状態になって、とても重たくなります。

 

このときに、少し面倒なのですが、重たくなっている胸のサイズにあったブラジャーを使って、胸を支えているクーパー靭帯が伸びないように対策をしておくことが重要です。

 

垂れる前に、しっかりと対策をしておくことが非常に重要なのです。

 

バストを垂れさせないためは、出産直後の場合はナイトブラが一番いいと思います。

バストケアグッズはサプリメントやクリームなど様々ありますが、赤ちゃんが生まれたばかりだと、そういった時間を取るのが難しいからです。

 

そのため、手間のかからないナイトブラがおすすめです。もちろん産後落ち着いてきたら、他のバストケアグッズを試してみるのもいいと思います。

>> あの有名アイドルも愛用のバストアップブラ

 

保湿をしっかりとして皮膚を守る

胸も顔も同じように皮膚ですが、ハリを維持するうえで保湿することが大切ですよね。

この保湿のケアでおすすめなのが、お風呂上がりです。

 

妊娠線の防止のためにお腹の周りにクリームを塗るということもありますよね。

そのタイミングで、しっかりと胸もケアしておくことが大切です。

 

なお、胸にも授乳線という肉割れが出来てしまうことがあるのです。

この原因は乾燥であることが多いので、一緒にケア出来て効果的ですよ。

 

なお、このときに注意しておきたいことがあります。妊娠中の乳首への刺激は時と場合によっては子宮を収縮させる働きがあります。

ですので、あまりに流産や早期出産になってしまうことがあります。ですので、乳首の部分を避けてケアするようにしましょう。また、胎盤が安定していないと妊娠初期のときのマッサージは控えるようにしてください。

 

 

大胸筋を鍛える

西山茉希の産後バストアップ方法とバストケアの必要性を伝授!

三つ目は、大胸筋を鍛えるという方法です。

 

大胸筋を鍛えることによって、胸の土台を大きくすることが可能です。

なので、胸が垂れるのを防ぐことも可能ですよ。

 

なのですが、妊娠中に大胸筋を鍛えるために、腕立てなどをすると、お腹に負担がかかりますので、避けるようにしてください。

 

なお、おすすめの大胸筋を鍛えるためのトレーニング方法は、手のひらを腕の前で合掌します。そして、ぐっと押していくエクササイズです。

20秒くらいを2セットで行うようにしてみてください。

 

このような方法であれば、妊娠中であったとしても、出産後でも簡単に場所を選ぶことなく、行うことが可能です。

 

なお、このエクササイズを行うときには、しっかりと深く呼吸を行いつつ、胸の上のあたりを意識して行うことが大切です。

大胸筋を鍛えることによって、血流もよくなりますし、リンパの流れもよくなるので、バストアップにはお勧めですよ。

 

 

妊娠中のバストアップで注意すべきこと

さて、ここまでバストアップするための方法をいくつか紹介してきましたが、その中で一つだけ注意しておきたいポイントがあります。

 

それは、「バストアップサプリやジェルを使わない」ということです。

 

というのも、バストアップサプリやジェルの中によく含まれるバストアップに効果的なプエラリアは、女性ホルモンのエストロゲンと似たような成分を持っています。

 

この成分のおかげによりバストアップ効果もあるのですが、妊娠中に摂取することで体調を崩してしまうこともあるのです。

 

一般的には排卵日に向かって、女性の身体の中では妊娠をする準備のためにエストロゲンが増えていきます。そして、排卵をすぎたときには、妊娠をサポートするために、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンが増えるのです。

 

そして、生理前にプロゲステロンが減って、再びエストロゲンが増加していくわけです。

女性の身体の中では、このようにして二つの女性ホルモンが交互に増減するのです。

 

妊娠しているときにはこのように二つの女性ホルモンが体の中で分泌されるのですが、このときに、サプリやジェルを摂取すると、急激にエストロゲンが増加したりしてホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。

 

妊娠しているときというのは、身体はとても繊細です。

ですので、普通のサプリやジェルでも、予めかかりつけ医などに相談をするなど、気を使っておくことが大切です。

 

 

産後のバストケアで大切なこと

出産後、特に授乳が終わると乳腺の機能が低下します。

そのため、何もしないとおっぱいの衰えが進んでしまいます。

衰えを抑えるためには出産後こそバストヘアが重要になってきます。

 

その中でも大切なことは

  • 栄養バランスのとれた食事
  • マッサージ&エクササイズ

です。

 

食事は偏食を避けバランスのよい食事を心がけましょう。

たくさんの栄養を体に与えることでバストアップのベースとなる体を作ることができます。

 

マッサージ&エクササイズについてですが、産後のバストの垂れには大胸筋が重要です。

大胸筋は乳房を支える筋肉なので、衰えに対抗するためには毎日継続的なエクササイズが欠かせません。

 

その上で、マッサージをしリンパの老廃物を流すことでバストにハリを持たせる効果があります。

もちろん出産直後にあまり運動をしすぎるのは体にこたえるので、徐々に行っていきましょう。

 

まとめ

西山茉希の産後バストアップ方法とバストケアの必要性を伝授!

西山茉希さんの産後バストアップ方法については何かされているという情報はありませんでしたが、バストアップは赤ちゃんを育てるための自然な働きによるもののようですね。

 

しかしながら、驚くのは2013年10月に出産されて2014年3月にはランウェイを歩いていることです。

産後は体重が増加するのが一般的なので、食生活や生活習慣の管理など相当な努力を重ねられたのだと思います。

バストアップのベースとなるのは、食生活や生活習慣なので、西山茉希さんがバストアップした姿を見せるのもそう遠くはないかもしれませんね。

私自身も食生活や生活習慣を正して、サプリメントでバストアップに成功していますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

こんな記事もよく読まれています。

本サイトを読みいただきありがとうございます。

以下のような記事もよく読まれていますので、この機会にチェックしてみてくださいね。

 

サイト運営者からのお願い

口コミや感想等は個人の使用感であり、記事の内容は効果・効能または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合、医師や薬剤師等しかるべき資格を有する専門家に相談してご自身の責任の上で行ってください。

 

おすすめのバストアップアイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。